読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性の悩み改善ブログ

このブログは私「くう」が日々感じたことやためになったことなどを書いています。

我が小学生女の子が仲間はずれにされた時の対処法

我が小学生女の子が仲間はずれにされた時の対処法

くうです。

 

小学5年生になる女の子が我が家にいます。

ほとんどの女の子は4年~5年生になると

生理の関係も重なってか難しい時期になります。

心と体の成長のバランスが難しくなってきます。

 

スポンサードリンク

 

実は我が家の小5の女の子のこのですが、

通っている塾(習い事)の大会があって

明日はその大会予選があります。

この大会は小学校別対抗で優勝とか順位を決め

九州大会の選抜で沖縄大会ということになります。

 

この塾では娘の通っている小学生は

娘だけなんです。なので娘は他の塾と

メンバーを組むことになりますので

この塾からは敵ということになるんでしょうか?

大人は割り切ることはできますが、、、

 

それでみんなの対抗意識が強まり

仲間外れにされたり結果が思うようにいかず

 

泣いてかえってくるのはしばしば。

 

挙句の果て、一昨日から小5の娘は

「明日から行かない!!」

が始まりました。

 

ここ一か月間、何度もふたりで話したり、

仲良くなる対処法を考えたりしました。

まずは娘の心を尊重しつつ

アドバイスしたりしました。

 

三人の女の子を持つ私でも正直、頭をかかえました。

 

どうにかみんなと仲間外れにされずに

コミュニケ―ションがとれるようにと

ドーナッツを50個、みんなの分買う事に決めました。

みんながおいしいと食べそうなミスタードーナツ

足早に買って、このままでは辞めてしまうであろう娘を

とりあえず車に乗せ、泣いてはいたのですが、、、

塾へ連れていき先生と話をしてもあらいました。

 

先生にこのドーナツを預けて、

練習が終わったらみんなで食べて欲しいという事で。。。

 

コミュニケーションづくりを取ってもらうことにしました。

 

スポンサードリンク

 

その結果、

子供って単純?女の子って食べ物に目がない?のか

帰りには「ドーナツ、ありがとう!」って

みんながうちの子に近寄っていつも通りに仲良く

打ち解けることが出来ていたそうです。

翌日はどうだったかというとみんな

明るい笑顔になっていました。

 

やっぱり食育ではないですが、

一緒に同じものを食べるという事は

 

相手を理解しあえる

 

いいチャンスだと思います。

 

もし、小学生のわが子が仲間はずれにされて

心が病んでいる時、親はどうにか

 

助けてあげたい一心ですよね。

 

私がとった対処法は塾の先生のアドバイスもありました。

こどものいじめとか仲間はずれを解消するには

特に女の子の場合は小学4~5年くらいになるとねちねちで

難しいですが、一緒におやつを食べさせる方法、

これ、何よりも簡単だと思います。

 

もしあなたも小学生の女の子がいて仲間はずれにされ

悩んでいるのなら一つの対処法として実践してみてください。

 

驚くほど子供の心は変わりますよ!

 

くうでした。

 

スポンサードリンク