読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性の悩み改善ブログ

このブログは私「くう」が日々感じたことやためになったことなどを書いています。

真矢ミキさんが乳腺症告白 医師の言葉に不安

真矢ミキさんが乳腺症告白をであることを公にし、「様子見」という医師の言葉に心もとなさを感じていることが紹介されていますね。


やっぱり女性にとって婦人科系の病気には敏感ですし、「私大丈夫かしら」と不安を抱く方も多いと思います。

 

実は私も乳がん検診で再検査の通知が来ました。
でもまだ実は再検査を行けていないんです。

「結果を聞くのが怖い」のもあるし、

「忙しくて時間がない」のもあります。

スポンサードリンク

 

 


真矢ミキさんの乳腺症というのは痛みを感じたり、

違和感やしこりを感じたりするようです。


マンモだけでなくエコーをセットで検査を

受けたほうがいいようですね。

 

私はマンモだけを受けたので今度行くときは

両方受けようかと考えています。


20歳から検査を受け続けているという

フリーアナウンサーの南希美子さん(60)は

「とにかく受診することが大事」と呼びかけていました。

 

タバコ以上に不健康で体に悪い6つの食品!明日から控えた方が良い食べ物

 

また、乳がんや卵巣がんは、

BRCA1/2遺伝子に変異がある場合、

年齢を重ねるごとに発症の確率が急激に

高まることが知られています。

 

予防的治療で対応したことで広く知られているのが、

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリー氏ですよね。

 

自分がもし乳がんだともし診断されたら

どうなるんだろう。。こわいですよね。

他人ごとではないので乳がんの知識とかも

取り入れておきたいです。

 

 

 

乳がんと診断されたらすぐに読みたい本 [ 豊増さくらと乳がん患者会bambi組 ]
価格: 1,944円 レビュー評価:4.92 レビュー数:12
私たち100人の乳がん体験記 豊増さくらと乳がん患者会bambi組 高尾信太郎 健康ジャーナル社BKSCPN_【bookーfestivalーthr】 発行年月:2014年03月 ページ数:367p サイズ:単行本 ISBN:9784907838713 豊増さくら(トヨマスサクラ) 1971年生まれ。本業は中小企業診断士(二児の母)。乳がん患者会bambi*組初代組長。40歳の誕生日直後に乳がん発覚。「浸潤性乳管がん、ステージ2b、グレード2、ホルモン陽性(HER2陰性)」というよくあるタイプの乳がんであることから、「自分の治療体験が他の人の役にたつのでは?」とブログを始め、その縁で多くの仲間に
Supported by 楽天ウェブサービス