女性の悩み改善ブログ

このブログは私「くう」が日々感じたことやためになったことなどを書いています。

沖縄の女子大学生がプロデュース 泡盛リキュール「Bis」発売

沖縄の女子大学生がプロデュース 泡盛リキュール「Bis」11月初旬から店頭に並ぶそうです。

 

お酒好きのくうです。といっても酒豪ではありません。

たしなむ程度。雰囲気を楽しむ程度。

たまに歯止めがきかず飲みすぎて翌日ダウンもある。。^^;


お酒といえば沖縄だったら泡盛とイメージが湧くのですが
最近の若者の泡盛離れがあるようです。

私たち40代では、女性でも飲みに行くと

まずは地域愛なのかオリオンビールから始まって

最終的には泡盛とかにたどり着くというパターンですね。

 

スポンサードリンク

 

酒造メーカーからそれをどうにか食い止めたい
という試みから【北中城】崎山酒造廠(金武町、崎山和章代表)は、
学生が起業した株式会社「がちゆん」と崎山酒造廠が

共同で企画でこの泡盛リキュール誕生したようですね。


女子大学生がプロデュースした泡盛ベースの

ハイビスカスリキュール「Bis-ビス」。
11月初旬発売なので楽しみですね。

 

「フルーティーで若い女性にも飲みやすい泡盛リキュール「Bis」で、
炭酸とかで割ってもおいしいし楽しめる、またロックでもOK」

泡盛リキュールの魅力を最大限にアピール。

アルコール度数は8度。
お値段は500ミリリットル800円(税別)

 

お~、リーズナブルな値段ですね!

私も買って飲んで見ようかと思います。

 

この泡盛リキュール「Bis」は商品開発に

とても関心興味のある県内4大学の女子学生が、

名称とか風味または色味などを

プロデュースしたということです。

これで沖縄の若者の泡盛離れが解消となればうれしいですね。
年間2万本の販売を目指すとのいきごみです。


 商品名がこれまたかわいいんですよね。

「ビス」その由来は、ハイビスカスと繰り返しを

意味する音楽用語ビスから取ったそうです。

その名称の提案した沖縄国際大3年の上原奈季(ないき)さん(20)。

めずらしい。。ないきさんの名前もまたかわいい。

そしてないきさんは「お店で頼みたくなるような響きのいい名前になった。

日常に合ったお酒に育ってほしい」とその名に期待を込めたようです。

 

 販売するところはイオンモール沖縄ライカムまたは、

うるま市金武町ファミリーマート4店舗だという事です。

泡盛リキュールにあったおつまみ

 

ホクホクおつまみレシピ!ひとくち明太コロッケの作り方 | How to make Seasoned Cod Roe Croquette
 

おいしそうです。これからの季節にぴったり~。

最近はお家で飲むのも多いのでおつまみも美味しく作りたいです。

 寒くなるといいですね~。早く飲みたいな~。

 

 

 

 

スポンサードリンク